こんな恩贈りサービスはどうだろう

こんにちは。『れたーぽっと商店』運営のあぽじです。

今回お話させていただきたいのが、「新しい恩贈りサービス」について。

前回の記事でも取り上げたが、「レターポットの換金」についてあれこれ考えていると、「こんなサービスがあったら素敵じゃないか」と思い付き、やっつけで記事にすることにした。

まだ思い付きホヤホヤなので、至らない点や問題点は多々あると思うが、皆さんの意見を聞いてみたいと思い、取り急ぎ記事してみる。

 

どんなサービスか一言で言うなら、

レターポットで募レターしよう!

レターポットで世界と繋がろう!

 

なんのことか理解できないと思うのだが、簡単に言えば「レターポットの換金装置」だ。

「なんだなんだ!れたぽ商店は換金に対して否定的な意見だったじゃないか。一体どういうことだ!!」

と罵声が聞こえてくるが、最後まで話を聞いてほしい。

換金することに相違はないのだが、換金したお金を募金に使うのだ。その仲介を『れたぽ商店』が担わせていただくだけの話。

もちろん利益など一切頭にはないことだけは理解していただきたい。

まあ、文字で伝えてもなかなか理解しにくいとも思うので、イラストを交えながら、この仕組みをご説明したい。


レタポで募金  『レター募ット』

現在の募金や寄付のスタイルとして、現金で振り込んだり、直接持ち込んだりする他に、ネットを使ってクレジットカードで募金したり、またはTポイントで寄付(支援)ができるようにはなっている。

考え方としては、Tポイントを使った支援スタイルに似ているだろうか。
つまり、現金やTポイントの代わりにレターポットを使うのだ。

そのレタポによる支援の流れは、非常にシンプルだ。

まず、『れたぽ商店』のホームページに、寄付を募っている方や団体がひと目で分かるようなページを掲載する

※とりえずの参考ページです。とある企業様のページを一部お借りしています。お許し下さいませ。

そして、このページをご覧いただいた方で支援したいと思う内容のものがあれば、『れたぽ商店』運営宛にレターポットでレターを送ってもらいます。

内容は、支援先さえ分かればそれでいいのですが、文字数によって支援の度合いが変わるので、支援先に対する思いや願いを書き連ねていただいたら素敵だとも思う。

レターをいただいた『れたぽ商店』では、支援したい方から受け取ったレターをお金に換金させてもらいます。

近い未来には、換金する必要もなくなると考えられるが、今のところは「現金」に変えておいた方が支援先も何かと勝手が良いでしょう。

それと、本当は少しばかりでも経費をいただきたいところだが、その話はひとまず置いておくことにしよう。

そして、設定金額や設定期日に達すれば、支援先へと送金する仕組みだ。国内なら直接手渡しに赴いても良いと思っている。

支援した事実は、支援者様に必ずアウトプットする。その方法は、振込み明細書を掲載するなり、直接渡していることが分かるよう記事にするなり、いくらでも方法はあるだろう。


これが、私の考える『レター募ット』であり、新しい恩贈りサービスだ。

支援いただいた方のレターは、記事にしてアップしたいとも考えている。(勿論、掲載しても良いという方のみ)

本当につい数時間前に思い付いた支援代行サービスなので、色々な問題点もあるだろう。

 

そこで、皆さんの意見を聞きたい。
賛成の意見も反対の意見も、問題点や改善点なども。

何でも構わないので、気軽にコメントしていただきたい。

よろしければ、レターポットで・・・とは言わないので、ツイッターやコメント欄にいただければ嬉しいです。

 

 

 

[レターポット商店運営 あぽじ]

 

いつもの募金に言葉を添える・・・


運営へのレターはコチラ

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です